暑い日は、夏野菜たっぷりの簡単スープカレーを!
魚介のうまみたっぷりのスープが食欲をそそる

調理=市瀬悦子 撮影=澤木央子

梅雨の合間に気温が上がって蒸し暑い日には、さらっとしたスープカレーが食べやすい。根菜を使わないので煮込む時間が必要なく、簡単に作れるのも嬉しい。たっぷりの夏野菜とシーフードをミックスした、具だくさんの一皿をどうぞ。

【主菜】シーフードと夏野菜のスープカレー(1人分415kcal、塩分3.2g)

<材料・2人分>えび…6尾、あさり(砂抜き)…120g、なす…1個、オクラ…4本、玉ねぎのみじん切り…1/4個分、にんにくのみじん切り…1/2片分、温かいご飯…300g、スープ・顆粒スープの素…小さじ2・カレー粉…小さじ1/2・水…3カップ、カレールウ…20g・サラダ油、塩、こしょう

<作り方>1.なすは四つ割りにし、長さを半分に切る。オクラはがくをむき、縦半分に切る。えびは尾を残して殻をむき、背に浅く切り目を入れて背わたを除く。2.フライパンに油小さじ1を入れて強めの中火で熱し、なす、オクラを入れてこんがり焼きつけ、いったん取り出す。3.続けて同じフライパンにスープの材料を入れ、煮立ったら玉ねぎ、にんにくを入れて弱火で約5分煮る。えび、あさりを加えて強火にし、えびの色が変わって、あさりの口があいたらいったん火を止め、カレールウを加えて溶かす。1.なすは四つ割りにし、長さを半分に切る。オクラはがくをむき、縦半分に切る。えびは尾を残して殻をむき、背に浅く切り目を入れて背わたを除く。2.フライパンに油小さじ1を入れて強めの中火で熱し、なす、オクラを入れてこんがり焼きつけ、いったん取り出す。3.続けて同じフライパンにスープの材料を入れ、煮立ったら玉ねぎ、にんにくを入れて弱火で約5分煮る。えび、あさりを加えて強火にし、えびの色が変わって、あさりの口があいたらいったん火を止め、カレールウを加えて溶かす。4.なす、オクラを戻し入れ、再び火にかけて軽く温め、塩、こしょうで味をととのえる。器に盛り、ご飯を別の器に盛って添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】