今が旬! さやいんげんをおいしく楽しむ!
青々とゆでたら、そのまま食べるのも旬ならでは!

レタスクラブ 動くおかずのカレンダー

いんげん豆をさやごと若取りして食べるのがさやいんげん。関西では、年に3回取れることから”さんどまめ”とも呼ばれるとか。4月ごろから店頭に並ぶが、5月から8月が旬の夏野菜だ。

【選び方】緑色が鮮やかで、つやがあり、あまり太くないものを選んで。へたの部分が茶色になっていたら鮮度が落ちている証拠。少しくらいの傷は、気にしなくても大丈夫。

【栄養】カリウム、ベータ-カロテン、アミノ酸が含まれる。カリウムには利尿作用があり、むくみ防止に効果的。ベータ-カロテンはレタスの約3倍も含まれ、免疫力アップに◎。アミノ酸は疲労回復や糖質の代謝に欠かせない栄養素だ。

ゆでたり蒸し焼きにしたり、手軽に調理できるのでぜひ活躍させて。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】