本物よりも梨の味がする! 待ってました夏のガリガリ君登場!
本物の梨より梨の味がするって評判!

夏といえば、海、花火大会、お祭り、そして、「ガリガリ君」の季節。夏休みの子どもたち、お風呂上がりのパパ、ママには欠かせない「ガリガリ君」。旬の果実をリアルに表現した、「梨味」と「スイカ味」が今年も登場! 今から冷凍庫にたっぷり詰め込んでおきたい。

1981年に誕生し、今なお、消費者に愛され続けているアイスキャンディー「ガリガリ君」。アイスでコーティングした絶妙なシャリシャリ氷が、火照った体をキンキンに冷やしてくれる「ガリガリ君」がこれだけ多くの人に愛される理由には、味や食感にこだわった商品であることはもちろんのこと、衝撃のコーンポタージュ味やナポリタン味といったどのメーカーも絶対にしないであろうチャレンジングな商品を作り続ける姿勢にあると思われる。

今年の夏に向け、赤城乳業は、「ガリガリ君梨」を発売、「ガリガリ君スイカ」は6月7日に全国で発売になる。価格(税抜)は、「梨味(マルチパック7本入り)」が330円、「スイカ味」が70円。 梨といえば初夏から出回り、9月に食べごろを迎える水分タップリで夏バテ防止には欠かせない果物。「ガリガリ君梨」は、そんな本物の梨を食べているようなシャリシャリ食感を再現。国産の和梨果汁を使用し、みずみずしさと自然な梨の甘さはもはや芸術の域に達している。

一方、夏の果物といえばスイカで2015年夏にも発売され人気となった「ガリガリ君スイカ」は、絶妙に調整されたシャリシャリ氷によって、本物のスイカを食べているようなシャクシャクとした食感を再現している。 重くてかさばるフルーツ、特にスイカとなると、暑い日にスーパーで買ってくるのは大変である。クオリティーが高い、夏仕様の「ガリガリ君」なら、「今日はガリガリ君でいい?」そんなママの言い分けも通用しそうだ! 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】