10分で完成!いんげんのピリ辛ひき肉ソースがけ
いんげんの準備から豚ひき肉の調理までフライパンひとつだから助かる!

調理=市瀬悦子 撮影=安井真喜子

どんよりした天気の日には、湿気を吹き飛ばすピリッと辛いおかずはいかが? 今回は旬のさやいんげんを使った「いんげんのピリ辛ひき肉ソースがけ」をご紹介。おいしいさやいんげんは、緑色が濃く細め、シミや黒ずみがなくピンと張っているものを選ぶのがコツ。またフライパンひとつで完成するシンプルな料理なので調理も簡単、時間も10分で完成する。辛さをアップさせたいときはラー油で調整してみて。

【いんげんのピリ辛ひき肉ソースがけ】(1人分157kcal、塩分1.4g、調理時間10分)

<材料・2人分>さやいんげん15本(約120g)、豚ひき肉100g、にんにくのみじん切り1/2片分、しょうがのみじん切り1/2かけ分、長ねぎ(白い部分)のせん切り適量、豆板醤(トウバンジャン)小さじ1/4、合わせ調味料(酒大さじ1、オイスターソース小さじ2、しょうゆ小さじ1/2、片栗粉小さじ1/4)塩、ごま油

<作り方>(1)いんげんはかたいへたの部分を約5mm、包丁で切り落とす。フライパンにいんげんを並べ入れ、水大さじ5、塩少々を入れてふたをする。中火で4~5分蒸し焼きにして器に盛る。(2)フライパンをペーパータオルでさっと拭き、ごま油小さじ1、にんにく、しょうが、豆板醤を入れて中火で熱する。香りが立ったらひき肉を加え、木べらでほぐしながら色が変わるまで炒める。合わせ調味料を混ぜて加え、とろみがつくまで約1分炒める。2の上にかけ、ねぎをのせる。好みでラー油をかけても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】