洗濯王子がプロ技伝授!カーテン洗いは「ネット」使いがポイント
カーテンの表面にはほこりがたくさん! 洗う前にまずは掃除機を上から下にかけ、ほこりを一掃しておく

撮影=小林愛香

長い梅雨がやっと明けたら、いよいよ大物を洗うチャンス到来! まずはカーテンを洗ってみない? 「厚手」は風合いを「レース」は白さを大事にして洗うのがカーテン洗いのコツだ。ポリエステルやアクリル製なら遮光カーテンでも、家庭で洗濯機洗いOK。レースは引っ掛けに注意しよう。

【厚手のカーテン】

1.掃除機でほこりを取っておく/カーテンの表面にはほこりがたくさん! そのまま洗うとほこりまみれになるので、まずは掃除機を上から下へかけて、ほこりを吸い取る。

2.洗濯ネットに合わせてびょうぶ畳みにする/洗濯ネットの大きさに合わせ、カーテンをびょうぶ畳みにして入れる。こうすることで洗剤液が全体に行き渡りやすくなる。

3.洗濯機でドライコース洗いする/おしゃれ着用洗剤と酸素系漂白剤(液体)を使って、洗濯機のドライコースで洗う。カーテンはデリケートな素材が多いので、やさしい洗い方が◎。

4.形を整えてからカーテンレールで干す/脱水終了後は、縦にピッと伸ばして形を整えてから、カーテンレールに掛けてそのまま乾かせば OK。窓をあけて風通しよくしておこう。

【レースのカーテン】

1~2.上の厚手のカーテンと同じ。

3.つけ置き用のホワイトニング液を作る/洗濯槽に40~50℃の湯をため、湯1lに対して粉末洗剤 5g、酸素系漂白剤(粉末)5gの割合で入れてよく溶かし、ホワイトニング液を作る。

4.30分つけ置きしたあと、洗濯機の毛布コースで洗う/カーテンを入れて30分つけ置きしたら、一度脱水する。そのあと、液体洗剤を使って、水をたっぷり使う毛布コースで洗えば OK。干し方も上の厚手のカーテンと同じ。

ほこり汚れや黒ずみを落とすだけで、スッキリ! 一度洗うとその効果にびっくりするはず。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】