暑い夏でも食欲キープ!サルサソースでいわしを食べよう
酸味の効いたさわやかなメキシコ風ソースがいわしにピッタリ

調理=坂田阿希子 撮影=今清水隆宏

さわやかな酸味が利いたサルサソースでいわしを食べる料理をご紹介。特別な材料は使っていないけれどごちそう感も出る仕上がりで、栄養もおいしさも見た目も三拍子揃ったレシピだ。サルサソースはほかに揚げものや焼肉、サラダなどにも使えるので、ぜひ応用してみて。

【いわしのメキシコ風ソース】(1人分390kcal、塩分2.3g)

<材料・2人分>いわし小4~6尾、ソース(トマト1個、玉ねぎ1/2個、ピクルス2本、塩小さじ1/2、レモン汁1/2個分、オリーブ油大さじ2)、塩、こしょう、オリーブ油、小麦粉

<作り方>(1)いわしは頭を落として、はらわたを取り、塩水で洗う。中骨に沿って指を入れ、身をはがし、開いて中骨をはずし、尾のつけ根で折って取る。水をふいて塩、こしょう各少々をふっておく。(2)ソースを作る。トマトは種を取って1cm角に切り、玉ねぎ、ピクルスはみじん切りして、すべてボウルに入れ、残りの材料も加えて混ぜる。(3)フライパンにオリーブ油大さじ1を熱して、いわしの両面に薄く小麦粉をつけ、並べる。両面をこんがりと焼いて皿に盛り、(2)のソースをかける。あれば、エンダイブなどの葉野菜を添える。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】