残暑に染みるわ~!バンバンジーをのせた豆乳冷麺
バンバンジーと豆乳ごまだれも相性抜群

調理:=五十嵐美幸 撮影=白根正治

まだまだ残暑厳しいこの時期に、スルッと食べやすい豆乳冷麺をご紹介。豆乳ごまだれが中華麺にからみあい、最後の一本までおいしく食べられる一皿だ。ポイントは豆乳以外のたれを軽く混ぜてから豆乳を加えること。これで味のなじみがよく、むらができずらくなる。さっぱり冷麺で、体の中からリフレッシュしてみては?

【バンバンジー豆乳冷麺】(1人分808kcal、3.5g)

<材料・2人分>とりむね肉1枚(約230g)、トマト1個、きゅうり1/2本、中華生麺2玉、とりガラスープ・とりガラスープの素小さじ2・湯1と1/2カップ、たれ・豆乳(成分無調整)1と1/4カップ・白練りごま、しょうゆ各大さじ2・酢大さじ1と1/2・白すりごま、砂糖、練りがらし、ごま油各大さじ1

<作り方>

(1)とり肉は1cm幅に切り、フライパンに入れる。スープを加えて火をつけ、煮立ったら火を止め、とり肉を返す。ふたをしてそのままさめるまで蒸らし、湯をきる。

(2)ボウルにたれの豆乳以外の材料を入れて軽く混ぜ、豆乳も加えて混ぜ合わせる。

(3)(1)のとり肉を細く裂く。トマトは粗みじん切り、きゅうりは斜め薄切りにしてから細切りにする。とり肉ときゅうりを軽く混ぜ合わせる。

(4)中華麺を袋の表示どおりにゆで、流水でよく洗い、水けをきって器に盛る。2を注ぎ、とり肉ときゅうり、トマトを順にのせる。好みでラー油をかけても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】