『子供らの ぬけがら続く 風呂場まで』くらし川柳募集始まる
くらし川柳で気がつく「あたりまえの幸せ」

第3回「くらし川柳」で募集がはじまった。今回のテーマは「毎日のくらしの中の笑い、感動、涙」。世話の焼ける子どもたちの姿も、川柳にしてみると笑えてくるのが魅力だ。何気ない日常には、見落としてしまっているキラキラが、意外とたくさん転がっている。

たとえば第2回「くらし川柳」受賞作品(※一部抜粋)を見てみると・・・

『子供らの ぬけがら続く 風呂場まで』(くらし部門 最優秀賞)

『布団干し 一番乗りで 猫眠る』(くらし部門 優秀賞)

『ママよりも 女子力高い 息子たち』(くらし部門 優秀賞)

『白星を 目指す勝負に 白い服』(花王製品部門 アタック賞)

景品として花王のおそうじ製品1年分、お洗たく製品1年分などの豪華賞品、さらに応募者全員の中から抽選で1,000名様に当たるプレゼントも用意されている。「いやだな」「大変だな」と感じることも多い日常。冷静な心で切り取って川柳にしてみると、たくさんの「ささやかな幸せ」が見つかるかもしれない。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】