【今日の献立】じめじめ時期に食べたい梅味サラダ
プルプルした食感。食欲のない日にも。「ささ身のくずたたきサラダ」

調理=吉田瑞子 撮影=砂川千恵子

じめじめした湿気に、食欲も元気も奪われがちなこのごろ。たまには趣向を変えた献立でリフレッシュしてみては? メインはみずみずしく甘いきゅうりや香味野菜山盛りの「ささ身のくずたたきサラダ」を。梅干しで食欲増進、さらにとりささ身でたんぱく質もしっかりとれる。副菜は「じゃがコーン炒め」や「かぼちゃとグリーンピースの甘煮」で旬の温菜を。汁物は貝類の滋養たっぷりな「しじみとしめじのみそ汁」や「にんにくの芽の中華風スープ」でパワーチャージ。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】ささ身のくずたたきサラダ(1人分142kcal、塩分0.9g)

<材料・2人分>とりささ身3本(約150g)、玉ねぎ1/4個、きゅうり1/2本、みょうが1個、梅ドレッシング(梅干し(種を除き粗くたたいたもの)1個・酢、砂糖各大さじ1・塩少々・ごま油小さじ1)、片栗粉

<作り方>(1)玉ねぎは縦薄切りにして水にさらす。きゅうりは縦半分に切って斜め切りに、みょうがは縦半分に切って薄切りにする。玉ねぎの水をきり、きゅうり、みょうがと合わせる。ささ身は筋を取って、半分にそぎ切りにする。梅ドレッシングの材料を混ぜる。(2)ささ身をラップではさみ、すりこ木などでたたいて薄くのばす。片栗粉を全体に薄くまぶし、熱湯でさっとゆで、冷水にとる。(3)1の野菜を器に盛り、水をきった2をのせ、梅ドレッシングを回しかける。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】