家事の達人に教わる!「予防家事」洗面台編
洗面台に薄手の化学繊維のダスターなどを置き、使ったらそのつど水けを拭いて、カビなどの菌をシャットアウト!

洗面所も水を使うので、油断をするとカビや菌が発生しやすい場所。「便利な掃除道具を手に取りやすい場所に置き、こまめなケアを」と本間朝子さん。石けんやコップなども置き方を変えるだけで、ぬめり防止に!

1.洗面台にダスターを置き、使ったら拭く/洗面台には、薄手の化学繊維のダスターなどを置き、使ったらそのつど水けを拭くのを習慣に。「こうしておけば、わざわざ掃除する時間を取らなくても汚れや湿気がたまらず、カビなどの菌を寄せつけません」。

2.洗面ボウルを使ったらさっと水を流す/洗面台で歯磨きや洗顔、手洗いなどをしたあとは、気づかないうちに石けんカスなどが飛び散り、菌を呼ぶ原因に。「使い終わったあと、洗面ボウル全体に水をさっと流しておくだけでも、汚れがつきにくくなります」。

3.J形ブラシなど便利な道具を使う/「使いやすい掃除道具があるだけで、手間が省け、こまめに掃除するのが苦になりません」。洗面所や浴室の排水口の掃除などにおすすめなのがナイロン製のJ形ブラシ。ホームセンターなどで購入できる。

4.石けん、歯ブラシ、コップはできるだけつるす/石けんや歯ブラシ、コップなどを水まわりに置くと、底がぬめぬめして菌が繁殖しやすくなり、掃除も面倒。「吸盤タイプのホルダーやフックなどを使い、つるす収納にすれば水けがよく切れ、ぬめりを予防できます」。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】