家事の達人に教わる!「予防家事」玄関編
湿気が籠もりやすいげた箱は、重層+アロマオイルで除湿し、カビや臭いの予防を

湿気や外からのホコリをためやすい玄関。「こまめなプチケアを習慣にすれば、常に清潔。カビなどの菌を寄せつけません」と本間朝子さん。特に、げた箱内は家の中でもカビ多発地帯。お気に入りの靴をカビさせないためにも、湿気が籠もらない工夫を!

1.重曹+アロマオイルでげた箱の除湿/空き瓶やプリンカップなどに重曹を入れ、好みのアロマオイルを数滴たらしてげた箱へ。「香りがよく、重曹がげた箱の中の湿気を吸ってくれるので、カビや臭いの予防になりますよ。重曹はげた箱の下のほうに置くと効果的」。

2.1日履いた靴は、たたきで湿気を取ってから収納/1日履いた靴には、足の汗が籠もっているもの。「すぐにげた箱にしまうとカビなどの菌が繁殖しやすくなるので、たたきなどに一晩置いて乾かしてから収納しましょう。靴を休ませ、長もちさせることにもつながります」。

3.げた箱の中も時々拭き掃除/げた箱の中は、靴から落ちたホコリや泥、湿気などが籠もりやすく、そのままだとカビなどが発生しやすい状態に。「時々靴を取り出して棚板などをから拭き掃除して、汚れや雑菌を取り除きましょう」。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】