見つめられてる!?リアルな猫ふせん
ちょっとした面白グッズとしても重宝する。「マディ」

伝言を書いたり、あとから思い出したいことを書いて、貼り付ける。そんな時に使うのが付箋だが、通常のシンプルなものだと見落とされてしまうことも・・・。そんなことにはいっさいならないであろう付箋が登場した。

「猫のひたいふせんメモ」(株式会社ラナ)は、猫の顔をかたどった付箋だ。種類は「マディ」と「ペペ」の2種、各600円(税抜き)。サイズは高さが約88~95mm、幅が90mmで、イラストではなく猫の写真を使っており、まるで本物の猫の顔のよう。こちらを見つめているようなデザインはインパクトがあり、離れて見ても目立つ。メモスペースは商品名通り、猫のひたい部分だけにあえて小さく確保。狭いことのたとえとして用いられる「猫のひたい」だけに、書きたい要件もポイントを押さえた短いものにせざるを得なくなるため、むしろ効果的な言葉を伝えられそうだ。

立体的に立たせて貼ったり、何匹も一緒に貼ってみたりと、使い方によってさらに存在感はアップ。つぶらな瞳でこちらを見つめる猫たちのまっすぐな視線を感じて、絶対に見落とされない付箋となるはず!? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】