容姿端麗。キャスターつき「攻めの除湿機」
キャスター付きだから家の中での取り回しにも便利。シンプルなデザインも○

洗濯物がスッキリ乾かない梅雨の時期。部屋干し臭や部屋のジメジメに悩んでいる人も多いのでは。子どもや高齢者がいる家庭は、ウイルスやカビも心配だ。そんな悩みに応える商品が登場した。

株式会社カドーから6月30日に発売される除湿機は、「除湿」「衣類乾燥」に加えて、「除菌消臭」モードを搭載しており、除菌消臭器としても使用可能だ。また除湿や衣類乾燥時に除菌・消臭剤「ピーズガード」液を噴霧することで、悪臭を分解し、部屋干し臭の原因となる菌も240分で99%除去してくれる。

「ピーズガード」液は人と環境にやさしい除菌・消臭剤で、刺激臭はなく、皮膚に触れても口に入れても安全であることが証明されている。梅雨の湿気対策はもちろんのこと、外に洗濯物が干せない時にも活躍する。またハンドルとキャスターが付いているので、使いたい時に使いたい場所へ移動でき、誰でも簡単にタンクに溜まった水を捨てられるところがポイント。様々な空間に溶け込む高いデザイン性も魅力だ。今年は「攻め」の除湿対策をしてみては?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】