【今日の献立】ネバネバ食材で心も体も元気になるレシピ
おしゃれなサラダ風で、食欲倍増。「オクラと帆立の明太子ソースあえ」

調理=中島有香 撮影=岡本真直

「目の前でニョキニョキ伸びる」と言われるほど生命力の強いオクラ。今話題のネバネバ成分が疲労回復・免疫力アップ・整腸消化吸収のサポートに効果的だ。ビタミン・ミネラルも豊富とあれば、いろんな料理で楽しみたい。そんなオクラを使って、メインは「オクラと帆立の明太子ソースあえ」を。少ない素材でシンプル調理でも、華やかで食欲をそそる逸品になる。副菜は混ぜて注げば家電任せの簡単ユニークな「豆乳レンジ茶碗蒸し」や「ブロッコリーオムレツ」。汁物は素材そのままのを楽しむ「グリーンピーススープ」や「にんじんのスープ」でさらに彩りを添えて。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】オクラと帆立の明太子ソースあえ(1人分281kcal、塩分2.2g)

<材料・2人分>オクラ8本、サラダ油大さじ1、冷凍帆立貝柱6個、からし明太子1/2腹、マヨネーズ大さじ2、万能ねぎの小口切り少々

<作り方> (1)フライパンに油を熱し、解凍した帆立の両面を焼く。取り出したらオクラをサッと炒める。(2)ボウルに薄皮から身をこそげ出した明太子とマヨネーズを入れ、混ぜ合わせる。 (3)2で1をあえて器に盛り、万能ねぎを散らす。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】