賛否両論デリも、肉山も!渋谷「フードショー」リニュ
赤身肉・牛すじたっぷり! カレー専門店「肉山」の名物「シメのカレーライス」が渋谷で

東京・渋谷の「東急フードショー」が3年ぶりにリニューアルオープンする。

予約の取れない和食店「賛否両論」の惣菜店や、吉祥寺の肉料理店「肉山」初のテイクアウト店が新登場。行列の絶えないフレンチトースト専門店の新店もオープンし、食好きの女性にはたまらないラインナップになっている。注目の3店を紹介する。

■賛否両論 THE DELI(和惣菜店)〈7月14日オープン〉

和食店「賛否両論」店主・笠原将弘さんの味が、渋谷で気軽にテイクアウトできる! 店頭に並ぶのは、旬の素材にアイディアを効かせて作った料理や、伝統的な和食など「笠原流 和惣菜」と呼ばれる多彩な日本料理。渋谷のこちらは、昨年7月オープンの広尾店、ことし6月16日オープンの恵比寿三越店に続く3店目。

■肉山(カレーライス専門店)〈7月28日オープン〉

赤身肉ブームの中心的な存在として全国的な知名度をもつ、吉祥寺の肉料理店「肉山」。予約困難店としても有名だが、その肉山がカレー専門店としてオープンする。本店ではコース料理の締めとして提供される、赤身肉や牛すじがたっぷり入った名物「シメのカレーライス」がテイクアウトで楽しめる!

■アイボリッシュ(フレンチトースト専門店)〈6月30日オープン〉※期間限定

行列の絶えない福岡のフレンチトースト専門店が、テイクアウト店として百貨店初登場。コンテナのような容器に、フレンチトーストをぎっしり詰めてフルーツを飾った、大人気の「コンテナ」(ミニ 290g 1296円) はぜひ味わって!

同時に、スタンディング式のイートスペース「シブヤ STAND」もオープン。買ったテイクアウト商品を持ち込めば、カウンターですぐに食べることができる。テーブルや椅子は設置されていないので立ち食べにはなるが、アツアツのカレーなど「すぐに食べたい」「できたてを食べたい」という場合には利用しやすそうだ。

2013年の東横線地下移転で不便になって以来、乗降客数が減ったといわれている渋谷。これを機会に久しぶりに足を運んでみるのもよさそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】