スカイツリーで「ペンギンの赤ちゃん」誕生、お披露目スタート
誕生したマゼランペンギンの赤ちゃん(生後13日目)

すみだ水族館(東京・墨田区)は、マゼランペンギンの子どもが6月16日に生まれていたことを発表した。明日7月5日よりお披露目をスタートする。

館内で飼育しているマゼランペンギン「わらび」が2016年5月7日(土)に産卵。館内で人工孵化を行ない、6 月16日(木)3 時5 分頃に無事に孵化が確認された。

赤ちゃんの様子は館内「ペンギンのゆりかご」ブースで間近に見られるほか、壁面の黒板では飼育スタッフの手書きによる赤ちゃんの成長状況なども報告されている。

お披露目にあわせて、誕生したペンギンの赤ちゃんの名前も募集中だ。「元気な東京」をイメージした名前を館内で募集し、その中から9月下旬~10月初旬ごろに発表する予定という。

赤ちゃんは、体長約 12cm・体重約100gで誕生。なんと3か月ほどで、成鳥とほぼ変わらない体長60~70cmまでぐんぐん成長するという。生後間もない、愛らしいペンギンの赤ちゃんを見るなら今しかない、というわけだ。スカイツリー観光と合わせて夏休みに行ってみては。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】