おふくろの味「みそ」はおしゃれメニューにも使える!
チーズが甘~くなるのには、みそがひと役買っていた!(サンドの具の一部はみそ漬けチーズ)

調理:瀬戸口しおり 撮影:野口健志

大豆から蒸して、自家製を作る人も増えてきた「みそ」。室町時代から全国で作られており、今も地域や家庭によりさまざまな種類のみそが作られ、食べられている。

近ごろ話題の「発酵食品」の代表選手でもあり、「古いことわざに『医者に金払うより、みそ屋に払え』とあるくらい、健康にいいんですよ!」と説くのは料理研究家・栄養士の青木敦子さん。糖尿病などの予防効果や、コレステロール抑制に効果が期待できるとされており、生活習慣病の強い味方ともいわれているという。

「でもこれらの効果は、50℃以下じゃないと生かされないんです。おみそ汁には、火を止めてからみそを溶き入れるが基本。これは香りが飛んでしまうのを防ぐためでもあります」と青木さん。「小学生時代に調理の授業で習ったわー」と懐かしく思い出す大人世代も多いだろう。

イマドキのアレンジとしては「みそ+チーズ」もおすすめだそう。「同じ発酵食品のチーズとみそは相性がよく、塩分の少ないチーズにつけて食べると、チーズが少し甘く感じられます」(青木さん)。例えばこんなレシピはいかが?

■みその実力を堪能!【クリームチーズのみそ漬け】レシピ

<材料>(作りやすい分量) クリームチーズ18g×4個、プロセスチーズ20g×4個、みそだれ(みそ65g、プレーンヨーグルト大さじ1と1/2、みりん大さじ1/2、塩)

<作り方> ボウルにみそだれの材料を入れて混ぜ合わせる。保存容器にチーズとともに入れて8時間以上漬ける。●保存する場合は、冷蔵で4~5日間もつ。そのままつまみにしたり、サンドイッチに挟んだり。和洋両方OKだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】