「めんつゆ食べ」に飽きたら、洋風トマトそうめんです
そうめんにとろっとからむトマトソースが美味なひと皿

調理=野口真紀 撮影=野口健志

この夏も食卓に上る機会が多いであろうそうめん。でも、そろそろ正統派の食べ方では飽きてきたのでは? そんなときは、トマト&バジルと、オリーブオイル&にんにくの香りが決め手の新レシピに挑戦してみよう。まるで冷製パスタのようなレシピは、くせのないそうめんと相性抜群。そうめんはしっかり洗って水気けもきちんときるのがおいしく仕上げるポイントだ。

【トマトバジルそうめん】(1人分504kcal、塩分2.4g)

<材料・2人分>そうめん3束、甘えび10尾、ミディトマト8個、バジル10枚、おろしにんにく少々、塩、こしょう、オリーブ油

<作り方>

(1)トマトは先端に十字に浅く切り目を入れて熱湯につけ、皮が開いてきたら引き上げ、皮をむいて四つ割りにする。バジルは適宜ちぎる。

(2)ボウルにおろしにんにく、塩、こしょう各適宜、オリーブ油大さじ3を入れて混ぜ、(1)を加える。ボウルを両手で揺すって、とろりとするまで混ぜ、冷蔵庫で冷やす。

(3)そうめんは袋の表示時間どおりにゆで、流水でしっかり洗って水けをきる。

(4)(2)にそうめん、甘えびを入れてあえ、皿に盛って好みでバジルを飾る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】