カラッと仕上がる!豚肉のビール揚げ
軽いサクサクごろものフリッター。「豚肉のビール揚げハーブ風味」

調理=河合真理 撮影=今清水隆宏

ビールの美味しい季節。つい飲みきれない本数にまで手を伸ばしてしまうことも。そんなときはビールの効果を利用した「豚肉のビール揚げハーブ風味」を作ってみるのはいかが? ビールの炭酸効果により、衣がサクッと軽く揚がるのが嬉しく、おつまみにもおかずにもぴったりだ。

合わせる副菜には野菜やビタミンCをたっぷり補給できる「ベビーリーフのレモンサラダ」や「いんげんのオレンジサラダ」をどうぞ。汁ものは胃腸を気遣って「キャベツとグリーンピースのスープ」や「キャベツ入りコーンスープ」を合わせて明日の活力に。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】豚肉のビール揚げハーブ風味 (1人分450kcal、塩分0.6g)

<材料・2人分>豚薄切り肉(赤身またはロース)200g、ミニトマト2~4個、バジル2枚、ころも(パセリのみじん切り大さじ1・ビール80ml・小麦粉大さじ3~4)、塩、こしょう、揚げ油

<作り方> (1)豚肉は塩、こしょう各少々をふり、常温のビールとパセリ、小麦粉を合わせたころもをつける。(2)ミニトマトにもころもをつけて、高温(180℃)に熱した揚げ油にさっとくぐらせる。バジルはころもをつけずに素揚げする。(3)中温(170℃)の揚げ油に1を入れてカラリと揚げる。(4)器に豚肉、ミニトマト、バジルを一緒に盛る。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】