イベントの残り物で、炊飯器おまかせご飯
とうもろこしの甘みでやさしい味。「とうもろこしとソーセージの炊き込みご飯」

調理=脇雅世 撮影=榎本修

夏は何かとイベントや集まりごとが増え、お祭り気分で盛大に買った食材が余りがち。「花火やバーベキューに必須」と買い込んだ食材も、組み合わせ次第で色々な味の発見がありそう。残飯整理と思わず積極的に楽しもう。メインはそんな食材を用いて「とうもろこしとソーセージの炊き込みご飯」はいかが? シンプルながら旨みを吸ったホコホコご飯がクセになる一皿だ。

副菜は、大人のおつまみが栄養価も高い小鉢に変身する「枝豆の卵そぼろ」や「簡単白あえ」を。汁ものは大量買いのもやしでシャキシャキ感が◎の「チンゲンサイともやしのスープ」や「もやしとわかめのスープ」を合わせて。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】とうもろこしとソーセージの炊き込みご飯(1人分486kcal、塩分1.5g)

<材料・2〜3人分>ウインナソーセージ4本、とうもろこし1本、玉ねぎのみじん切り1/4個分、パセリのみじん切り少々、米2合、塩

<作り方> (1)米は炊く30分前に洗ってざるに上げておく。とうもろこしはさっと水にくぐらせ、ぬれたまま塩少々をふってラップで包む。電子レンジで約1分30秒加熱し、1分ほど蒸らしたら上下を返し、さらに1~1分30秒加熱する。粗熱がとれたら長さを3等分に切り、包丁で実をはずす。ソーセージは5mm幅に切る。

(2)炊飯器に米を入れて普通の水加減にする。塩小さじ1/2を加えてひと混ぜし、ソーセージ、とうもろこし、玉ねぎをのせて炊く。

(3)炊き上がったら軽く混ぜてほぐし、器に盛り、パセリのみじん切りを散らす。(●米の水きり時間、炊飯時間は調理時間に含まれません。)【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】