加熱してもおいしい!きゅうり
夏野菜の代表の一つ・きゅうり。生でも加熱してもおいしく、和洋中どんな料理にも合う!

一年中出回る野菜だが、夏野菜の代表の一つ。メイン料理につけ合わせたり、酢のもの、漬けもの、サラダなど使える料理の幅が広いのも特徴。炒めて食べるのもおいしい。緑色が鮮やかで、いぼがチクチクと痛いくらいが鮮度のいい証拠。時間がたつとしわができて、いぼも潰れてくる。太さが均一のものを選んで。

体内の余分な水分を排出するカリウムはむくみ予防に◎。美肌効果のあるビタミン Cや、のどなどの粘膜の強化に有効なβ -カロテンなども豊富。体を冷やす効果もあり。

●青臭さが気になる場合は、「板ずりでいぼやえぐみを取る」といい。両端を切り落とし、塩小さじ1/2~1をまぶしてまな板の上で転がす。塩が全体になじんだら、水洗いすればOK。

●炒め物など加熱料理に使う場合は、「種を取る」と水けを少なくできる。縦半分に切り、スプーンで種をこそげ取ればOK。

●生のまま保存する場合は、「ペーパータオル→ラップの順に包む」。野菜室でへたを上にして立てて保存を。4~5日中には食べよう。

最盛期の今なら、価格もお手頃。たっぷり食べて夏を元気に乗り切ろう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】