美容・健康サポートのスーパーフード!「鮭」レシピ
梅がアクセントの夏味から揚げ「鮭のから揚げみぞれ梅つゆがけ」

調理=村田明彦 撮影=福尾美雪

消化・吸収の良い良質なタンパク質やEPA・DHA・ビタミン豊富な鮭は、美味しく健康によいスーパーフード。赤い色のアスタキサンチンは抗酸化力が強く、免疫力アップ・美肌やアンチエイジング・生活習慣病に効果大。脂溶性なので油と摂るのがオススメだ。そんな鮭をおいしくいただくメインおかずは「鮭のから揚げみぞれ梅つゆがけ」をどうそ。粗くすった大根おろしのみずみずしいシャクシャク感がクセになる味わいだ。

合わせる副菜は鮭と相性の良い食材でおつまみにもなる「ポテトディップサラダ」や「なめらかポテトサラダ」はいかが? 汁ものはさらっとシンプルに「ねぎのすまし汁」や「みょうがとしいたけのすまし汁」でまとめて。(栄養士・三澤友貴子)

【主菜】鮭のから揚げみぞれ梅つゆがけ(1人分212kcal、塩分3.0g)

<材料・2人分>生鮭2切れ、下味(おろししょうが小さじ1/2・酒大さじ2・塩小さじ1/2)、みぞれ梅つゆ(大根1/5本(約200g)・梅肉1個分・「だし汁」1カップ・しょうゆ大さじ1と1/2・みりん、酒各大さじ1)、小麦粉、揚げ油

<作り方>

(1)みぞれ梅つゆの大根は鬼おろし器でおろし、汁けを軽く絞ってから鍋に入れる。残りのみぞれ梅つゆの材料を加えて混ぜ、火にかけ、ふつふつとするまで温める。

(2)鮭は4等分に切ってボウルに入れる。下味の材料を加えてもみ込み、小麦粉を薄くまぶす。

(3)揚げ油を高温(約180℃)に熱し、2を入れて約2分、途中上下を返しながら揚げる。全体に揚げ色がついたら取り出して油をきる。

(4) 器に盛り、1をかける。好みで三つ葉をのせても。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】