使い道10通り以上!多機能防災ミサンガが発売に
一見すると防災グッズには見えない。価格は各1300円(税・送料抜き)

「非常の時には使うけれど、普段は使わない」というものが多い防災グッズ。そんなイメージに対して普段から使え、さらにそのことで防災意識を高められる多機能防災ギアが誕生した。

一般社団法人防災ガールが、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として展開中の津波防災プロジェクト「#beORANGE(ハッシュビーオレンジ)」のオフィシャルアイテムとして発売したのが、「#beORANGEミサンガ」だ。これは軽量でありながら、耐久性と強度に優れた「パラシュートコード(耐荷重量約200kg※)」を採用。編み込んであるパラコードをほどくと2メートルを超える紐になり、燃えやすい素材を用いているため、着火剤としても代用できる。ほかにもシェルター、止血剤、救助の合図、添え木、笛など、有事の際にさまざまな用途で使えるに応える。

カラーはオレンジ×オレンジ、オレンジ×ブルー、オレンジ×ホワイト×ブルーの全3種。男女兼用のフリーサイズとなっている。このミサンガで、改めて防災意識を確認してみてはいかが?【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】