あの超有名洗顔パウダーが、またまたパワーアップ
パウダーがさっと溶ける「はや泡処方」で、簡単にコシのある濃密もっちり泡を作り、肌に摩擦を与えずに洗い上げる

固形石けん、ペースト、フォーム状など洗顔料の形状はさまざまだけど、パウダーといえば有名なのはファンケル。ファンケルの洗顔パウダーは、1982年から発売されているロングセラーだから、1度は使ったことがあるという人も多いのでは?

発売以来「理想の洗いあがり」を追及し続け、幾度もリニューアルを続けてきたファンケルの「洗顔パウダー」は今、うるおいを守りながら洗い上げる「うるつる」にこだわり、究極の洗顔料に進化したのだとか。

「肌に不要なものはきちんと落とす」「肌本来のうるおいを保つ」という2点はスキンケアの基本だけど、実は両立が意外と難しく、落し過ぎてうるおい不足になったり、やさしく洗って洗浄力不足なったり。ベストなバランスはどうすればと、美肌のために世の女性たちはいつでも試行錯誤なのだ。そんな背景から生まれたのが、ファンケル独自の「うるおいキープ洗浄成分α」。濃密もっちり泡がうるおいをキープしながら、ツルッとした肌に洗い上げてくれるという。

「うるおい系の洗顔剤って、洗浄力が弱くない?」なんて心配もご無用。「つるんとクリア成分」が、角栓や毛穴の黒ずみの原因となる皮脂や不要な角層をしっかり除去。

スキンケアの手ごたえがイマイチという人は、この進化した洗顔パウダーで素肌のコンディションを整えることからはじめてみて。販売は、通信販売及び直営店舗。ローソン、ドラッグストアでも順次発売(※一部取扱いのない店舗もあり)。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】