SMAP解散報道でアルバム「pamS(ウラスマ)」のレンタルが急増中
解散発表前の10倍レンタルされているSMAPのアルバム「pamS(ウラスマ)」

音楽・映像ソフトのレンタル「TSUTAYA」の発表によると、8月はSMAPの各アルバム、シングルCDのレンタル数が急増しているという。

8月14日(日)の解散報道を受け、8月のTSUTAYAでは、SMAPの各アルバム、シングルCDのレンタル数が急増しているという。特に、2001年発売の「pamS」は報道前7日間と比較し、報道後7日間のレンタル数伸び率は1099%と10倍以上に。

<レンタル数【伸び率】ランキング>

1【1099%】「pamS」(2001年8月発売):ファンベスト

2【828%】「SMAP 015/Drink! Smap!」(2002年7月発売):「世界に一つだけの花」収録アルバム

3【820%】「Mr.S」(2014年9月発売):最新オリジナルアルバム

4【775%】「世界に一つだけの花/僕は君を連れてゆく」(2003年3月発売):「世界に一つだけの花」収録シングル

5【276%】「Smap Vest」(2001年3月発売):10周年記念シングルベスト

【 】内はレンタル数伸び率(%)、:以下は内容

SMAPの根強い人気と、解散を惜しむファン心理が表れた結果となったとTSUTAYAでは分析している。「詳しくないけど、どれをレンタルすればいいかわからない」という人はこのランキングを参考に借りに行くとよいかも。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】