「通」を気取れる?ハロウィンにはピロケースがつきものです 画像(1/2) かわいいハロウィン仕様の枕カバーにお菓子を入れて持ち運ぶのもアリ!
かわいいハロウィン仕様の枕カバーにお菓子を入れて持ち運ぶのもアリ!

本場のハロウィンでは、「トリック・オア・トリート!」でもらったお菓子は、枕カバーに入れ持ち歩く習慣があるって知っていますか? そんな習慣にあやかって、日本でもお菓子やコスチュームを入れられるハロウィン仕様のピロケースが登場した。

まくらをはじめ、寝具を取り扱っている「まくら株式会社」から「ハロウィンピロケース」が発売された。ジャック・オ・ランタンや黒とオレンジのハロウィンカラーで彩られた枕カバーは、枕を入れて部屋に置いておくのはもちろん、クッションカバーとして使ってソファなどにおけば、簡単にハロウィンの雰囲気を十分に楽しめる。

そしてハロウィン当日には、ピロケースの中にお菓子を忍ばせてみんなに配ったりもらったお菓子を入れたり、仮装するためのコスチュームをいれて持ち歩ける。

ハロウィンデコレーションの1つとしても、お菓子やコスチュームを持ち運ぶ入れ物としても使えるハロウィンピロケース。今年のハロウィンは本場のハロウィンにならい、かわいい枕カバーをハロウィンアイテムの1つとして加えてみてはいかが? 【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】