スタッフドローストチキン

スタッフドローストチキン

ほんのり甘いソースで、おうちでビストロ気分!

カロリー
709kcal
塩分
3.4g
ジャンル:
洋風
イベント:
おもてなしクリスマスパーティー
プロ料理家:
脇雅世
撮影:
岡本真直

材料(2人分)

とり骨つきもも肉…2本(約600g)

スタッフィング

 ・しめじ…1パック

 ・しいたけ…2枚

 ・甘栗(殻をむいたもの)…50g

 ・玉ねぎのみじん切り…1/4個分

 ・にんにくのみじん切り…1/4片分

 ・パセリのみじん切り…大さじ1

 ・塩…小さじ1/3

 ・こしょう…少々

 ・黄桃缶(二つ割り)…1/2缶(約200g)

 ・クレソン…適宜

・サラダ油、塩、こしょう

作り方

1.

黄桃缶は黄桃1切れを四つ割りにし、缶汁120~150mlはとっておく。

2.

とり肉は余分な脂を除き、断面から骨に沿って切り開き、関節から先に向かって3cmくらいのところの骨を包丁の背でたたき割り、先を残して骨を除く。そのまましばらく置いて室温にもどす。

包丁の先を使って、骨から肉を少しずつそぐようにして開く。関節のところから3cmくらいまで見えるようになったら、肉を引っ張って関節のところから3cmくらいの骨を包丁の背でたたいて砕く。砕けたら骨を除く。

3.

スタッフィングを作る。しめじは1cm長さに切る。しいたけは粗いみじん切りにする。甘栗は1つを2~3つに切る。

4.

フライパンに油小さじ1を熱し、玉ねぎ、しめじ、しいたけを入れて炒め、しんなりしたらにんにくを加えて炒める。香りが立ったら塩、こしょうを加えて調味し、甘栗とパセリを加えてよく混ぜ、バットにあけて粗熱をとる。

5.

2の骨先を上にしてまな板にのせ、4を半量ずつ中によく詰める。手前の肉をかぶせ、ようじで皮を縫い合わせるようにして3カ所ほど留める。

甘栗は焦げやすいので最後に加えて。とり肉の骨のあったところにスタッフィングを押し込むようにして詰めて、肉をかぶせる。皮を縫い合わせるようにしてスタッフィングが出ないように、ていねいにようじで留める。

6.

フライパンに油小さじ1を熱し、5の皮目を下にして並べ入れ、ふたをして焼く。全体に焼き色がつくように時々転がしては焼く。こんがりと焼き色がついたら1の黄桃と缶汁、塩小さじ1/2、こしょう少々を加え、強火にする。煮立ったら中火にしてふたをし、約25分煮る。皿に盛り、煮汁をかけ、クレソンを添える。

全体に焼き色がついたら黄桃の缶汁を加えて、煮立てる。程よい甘みがきいた、おいしいソースになる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X