簡単パテ・ド・カンパーニュ

簡単パテ・ド・カンパーニュ

フランスの定番お総菜を、作りやすくアレンジ!

カロリー
1210kcal
塩分
8.8g
ジャンル:
洋風
プロ料理家:
坂田阿希子
撮影:
福尾美雪

材料(15.8×9.6×高さ5.2cmのパウンド型2個分)

とりレバー…200g

ベーコン…100g

豚ひき肉…200g

溶き卵…1個分

あればセージ…1パック

玉ねぎのみじん切り…1/2個分

にんにくのみじん切り…2片分

赤ワイン…1/2カップ

・塩、粗びき黒こしょう、粒こしょう

下ごしらえ

1.

厚紙や段ボールなどをパウンド型の口の形よりひと回り小さいサイズに切り、アルミホイルでおおって、おもし板を作る。

2.

オーブンは180℃に予熱する。

作り方

1.

レバーは筋を除き、氷水に約10分つけて臭みを除き、ペーパータオルで水けを拭く。バットにワインを入れ、レバーをひたして約30分おく。セージは半量をみじん切りにする。ベーコンは細かく切ってから、包丁で粘りが出るまでたたく。

2.

レバーはワインをきり(きったワインもとっておく)、包丁で細かくたたく。レバーとワイン、ひき肉、ベーコン、みじん切りにしたセージ、玉ねぎ、にんにく、溶き卵、塩小さじ1、粗びき黒こしょう小さじ1/2をボウルに入れ、よく混ぜ合わせる(すべてを切らずにフードプロセッサーでなめらかになるまで混ぜてもよい)。等分してパウンド型に入れ、残りのセージと黒粒こしょう適量をのせる。

3.

型を大きめのバットにのせ、さらにオーブンの天板にのせる。バットに熱湯(約3カップが目安)を注ぎ、オーブンに入れて30~35分焼く。竹串を刺してみて、透明な汁が出たら焼き上がり。

4.

肉の上に下準備しておいたおもし板をのせ、さらに缶詰などをのせておもしをし、空気を抜きながらしっかりさます(このとき、氷水や保冷剤を入れたバットに容器ごとひたすと早くさめる)。表面をラップでおおい、冷蔵庫で一晩おくと、味が落ち着いてさらにおいしくなる。

●冷蔵庫で4~5日間保存可能。表面や切り口が空気に触れないように、ぴったりラップをかけて保存するとおいしさが長もちする。

●人にさし上げるときは、アルミホイル製のパウンド型で作ると容器ごと渡せるので便利。全体をラップでおおってから、包装紙などで包み、ひもでくくる。マスタードを小さな容器に入れて添えると、さらにグッド。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X