グリルハーブチキン

グリルハーブチキン

簡単なのに本格味!

カロリー
542kcal
塩分
2.3g
カテゴリ:
肉のおかず > 鶏肉 > チキンソテー
ジャンル:
イタリアン
プロ料理家:
松田美智子
撮影:
木村拓

材料(2人分)

とりもも肉…2枚(約300~400g)

さつまいも…小1/2本

マリネ液

 ・ローズマリー…2枝(または好みのハーブ(乾燥)…小さじ1/2)

 ・おろしにんにく…小さじ1

 ・レモン汁、オリーブ油…各大さじ3

 ・塩…小さじ1

 ・こしょう…少々

作り方

1.

とり肉は余分な脂を除き、皮目にフォークで数カ所刺して穴をあける。さつまいもは縦に四つ~六つ割りにする。マリネ液の材料をバットに入れて混ぜ合わせ、とり肉とさつまいもを加えてもみ込み、約30分おく。魚焼きグリルは予熱する。

油やワインなどの調味料で下味をつけておくと、ふっくらジューシーに仕上がる。うまみを逃さず焼くため、魚焼きグリルを余熱し、庫内の温度を高温にしておくこともポイント。

2.

とり肉をグリルの網に、皮目を上にして並べる。とり肉にマリネ液のローズマリーをのせ、脇にさつまいもも並べる。

位置によって庫内の温度に差があり、手前より奥のほうが、また、両面焼きグリルは、中央より両端の方が高温。これらの位置に火の通りにくい素材を並べると、焼き上がり時間が同じに。

3.

とり肉とさつまいもに火が通り、こんがり焼き色がつくまで、7~8分焼く。片面焼きの場合は途中で上下を返す。また、さつまいもは位置をずらしながら焦げないように焼く。こんがり焼き色がついたら火を止めて2~3分置き、余熱で火を通す。

機種によって火の強さが違うので、レシピの時間より1~2分短めに取り出し、焼け具合を確かめて。とり肉のような火の通りにくい素材は、焼き色がついたら火を止め、余熱で火を通すと焦げずにジューシーに仕上がる。

●とり肉とさつまいもは、マリネした状態で冷蔵庫に入れ、一晩おいてもよい。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X