そぼろ肉じゃが

時短、塩分控えめ

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
そぼろ肉じゃが

そぼろの風味を生かして味つけいらず

カロリー
374kcal
塩分
1.3g
カテゴリ:
野菜のおかず > 野菜の煮物 > 肉じゃが
肉のおかず > 肉じゃが
肉のおかず > 挽肉 > そぼろ
ジャンル:
和風
イベント:
お弁当
プロ料理家:
中村成子
撮影:
白根正治

材料(2人分)

ふんわりとりそぼろ…100g(材料は約400g分)

 ・とりひき肉(もも)…200g

 ・とりひき肉(むね)…200g

 ・しょうが汁…大さじ1

 ・酒…1/4カップ

 ・砂糖…大さじ4

 ・しょうゆ…大さじ2~3

 ・塩…小さじ1/3

新じゃがいも…小8個

スナップえんどう…6個

新玉ねぎ(または玉ねぎ)…1個

・塩、ごま油、酒

下ごしらえ

1.
水分を加えることで、肉のしまり過ぎを防ぎしっとり仕上がる。加熱してからだとしみこみにくいので最初に加えて。

水分を加えることで、肉のしまり過ぎを防ぎしっとり仕上がる。加熱してからだとしみこみにくいので最初に加えて。

ふんわりとりそぼろ。厚手の鍋にひき肉を入れ、残りすべての材料、水1/2カップも加える。

2.
菜箸4~5本を使えばほどよく空気が入って上手に混ざるが、泡立て器を使えばもっと簡単。全体にむらなく空気が入る。

菜箸4~5本を使えばほどよく空気が入って上手に混ざるが、泡立て器を使えばもっと簡単。全体にむらなく空気が入る。

泡立て器でよく混ぜる。ひき肉を切るような要領で泡立て器を縦、横に動かしながら、水分とひき肉が均一になるようにまんべんなく混ぜる。

3.
ひき肉は鍋肌から固まってくるため、時々へらでこそげながら混ぜると、均一なかたさのそぼろになる。

ひき肉は鍋肌から固まってくるため、時々へらでこそげながら混ぜると、均一なかたさのそぼろになる。

鍋を火にかけ、煮立つまで軽く混ぜながら煮る。肉の色が変わり白っぽくなってきたら、鍋肌についたひき肉も時々こそげながら、水分がなくなってふんわりするまで全体をほぐし混ぜながら煮る。

4.
余熱を利用してよく混ぜる。かき回すように混ぜることで、肉のくっつきを防いでふんわりと仕上がる。

余熱を利用してよく混ぜる。かき回すように混ぜることで、肉のくっつきを防いでふんわりと仕上がる。

ひき肉が色づき、完全に汁けがなくなりぽろぽろになったら火から下ろす。さらに粗熱がとれるまで全体をほぐしながら、よく混ぜる。

作り方

1.

じゃがいもは皮つきのまま、鍋にかぶるくらいの水とともに入れてゆでる。竹串がスーッと通るくらいになったらざるに上げて湯をきり、熱いうちに皮をむく。ゆで汁1/2カップはとっておく。

2.

スナップえんどうは塩を入れた熱湯で約1分30秒ゆでてざるに上げ、2~3本は縦半分に割って豆を取り出す。

3.

玉ねぎは2cm幅のくし形に切り、さらに横半分に切って軽くほぐす。

4.

鍋にごま油大さじ1を熱し、玉ねぎをさっと炒める。1のじゃがいもを加えてさっと混ぜ、酒大さじ1、1でとっておいたゆで汁を加え、ふたをして約5分蒸し煮にする。

5.

ふんわりとりそぼろを加え、そぼろが温まったら2も加えてさっと混ぜる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X