肉じゃが

肉じゃが

みんなが大好きな和食の定番おかず

カロリー
625kcal
塩分
2.5g
調理時間
25
カテゴリ:
野菜のおかず > 野菜の煮物 > 肉じゃが
肉のおかず > 肉じゃが
ジャンル:
和風
イベント:
父の日敬老の日
プロ料理家:
藤野嘉子
撮影:
木村拓

材料(2人分)

牛こま切れ肉…200g

じゃがいも…中3個

玉ねぎ…大1/2個

だし汁…1 1/2カップ

調味料(サラダ油大さじ1、砂糖、酒、みりん、しょうゆ各大さじ2、塩適量)

作り方

1.

じゃがいもは皮をむき、包丁の角で芽を取る。芽を取ったところが角になるように包丁を入れて四つ割りにし、面取りしてから水にさらす。

表面がでこぼこしていたり角張っていると、煮くずれの原因になる。なるべくなめらかに、形を整えることが大事。

2.

玉ねぎは繊維に沿って5mm幅に切る。牛肉は5cm長さに切って、塩少々をふって下味をつける。

玉ねぎは繊維に沿って切ると煮くずれしにくい。

3.

鍋を中火にかけてサラダ油を熱し、牛肉を広げて入れる。肉の色が変わってきたら玉ねぎとじゃがいもを加え、全体に油がまわるように炒め合わせる。

肉が鍋にくっついたら、いったんぬれたふきんの上で冷ますときれいにはがれる。材料を炒めることで表面がしっかりし、煮くずれしにくくなる。

4.

だし汁を加え、砂糖、酒、みりん、しょうゆを加える。煮立ったらアクをていねいに取り除く。煮汁の表面に小さな泡がたつくらいの弱めの中火にし、落としぶたをして10分煮る。

火が強いと煮くずれしたり、野菜に火が通らないうちに煮汁がなくなったりする。

5.

じゃがいもに火が通ったら塩少々で味をととのえ、さらに5分煮る。煮汁が少し残るくらいで火を止めて、粗熱がとれるまでおく。

じゃがいもに串がすっと刺さったら火が通っている印。煮汁を残しておくと、さめるときにじゃがいもが煮汁を吸ってほっくり仕上がる。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

同じ食材で作れる料理レシピ

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X