いわしとトマトのマリネ

時短、塩分控えめ

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
いわしとトマトのマリネ

充分に冷やして、食べるときにオイルとビネガーを

ジャンル:
イタリアン
イベント:
おもてなしパーティー
プロ料理家:
山田直喜
撮影:
中野博安

材料(4人分)

いわし(刺し身用)…3尾

完熟トマト…2個

パルメザンチーズ…小さじ1

ハーブ(セージ、バジル、イタリアンパセリなど)…各適宜

ペペロンチーノオイル(作りやすい分量 にんにく3片、赤とうがらし7本、オリーブ油250cc)…適宜

赤ワインビネガー…適宜

黒オリーブの輪切り…3個分

レモン…1/2個

・塩、オリーブ油、こしょう、パン粉(細かいもの)

下ごしらえ

1.

ぺペロンチーノオイルを作る。にんにくは包丁の腹でまるごとつぶす。赤とうがらしは種を除く。鍋にすべての材料を入れ、弱火にかけてゆっくり香りを移す。きつね色になったらにんにくと赤とうがらしを取り出す。

作り方

1.

いわしは手開きにして三枚におろし、ペーパータオルで汚れをふき取り、腹の小骨を抜く。身の側に塩少々をふり、冷蔵庫で約20分冷やす。

2.

トマトは皮を湯むきし、横半分に切って種を取り、縦に5mm厚さに切る。

3.

天板にオーブン用ペーパーを敷いてオリーブ油少々をぬり、トマトを並べる。軽く塩、こしょうし、パン粉小さじ1とパルメザンチーズをふり、オリーブ油少々をかける。160℃のオーブンで約3分焼いて水分をとばし、バットに移して冷蔵庫で冷やす。

トマトはオーブンで軽く焼いて水分をとばし、うまみを凝縮させます。

4.

ハーブは葉を摘み、オリーブ油を180℃に熱して10秒ほど素揚げにする。

5.

いわしの皮を頭のほうからむき、数本切り目を入れる。

6.

冷やした皿にいわしを盛り、塩、こしょう各少々、ペペロンチーノオイル、赤ワインビネガーをふり、3のトマトをのせる。オリーブと4をのせ、レモンを添える。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X