小やりいかのフリットと葉っぱのサラダ

時短、塩分控えめ

  • facebook
  • twitter
  • はてぶ
小やりいかのフリットと葉っぱのサラダ

いかに火が入りすぎないように手早く揚げるのがコツ

ジャンル:
イタリアン
イベント:
おもてなしパーティー
プロ料理家:
山田直喜
撮影:
中野博安

材料(4人分)

小やりいかの胴…4はい分

溶き卵…1個分

コーンミール…100g

ロメインレタス、トレビス、エンダイブ…各適宜

ルッコラ、バジル…各適宜

半熟ゆで卵…2個

赤ワインビネガー…小さじ2

・塩、オリーブ油、こしょう

作り方

1.

いかは内臓と軟骨を除いて皮をむき、1cm幅の輪切りにして塩少々をふる。溶き卵をつけてコーンミールをまぶし、170~180℃に熱したオリーブ油で40秒ほど揚げて、油をきる。

2.

野菜とハーブは食べやすくちぎって皿に盛り、1と一口大に切ったゆで卵をのせる。食べるときに、塩、こしょう各少々、オリーブ油大さじ3、赤ワインビネガーをかける。

※電子レンジを使う場合は500Wのものを基準としています。600Wなら0.8倍、700Wなら0.7倍の時間で加熱してください。

“良い食材”の選び方をチェック!

旬や栄養もわかる!食材辞典を見る

マイページに登録しました

レシピに戻る マイページへ
X