甘酒、納豆、漬物。発酵食品の健康効果は微生物の力のたまもの

#美容・健康 
日本の発酵食品


発酵食品は、微生物が増殖するためにエサを食べて代謝物を出すことにより物質に変化が起きて生み出されるものです。「あれ? 漬物の味が酸っぱくなったかも」と感じたら、それは微生物が生きている証しです。納豆のあのネバネバも、甘酒の甘みも、微生物の力のたまものなのです。

私たちの食生活の中にはたくさんの発酵食品がありますが、主な発酵食品の特徴や栄養成分を、東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授の前橋健二先生に伺いました。


この記事に共感したら

Information


※参考資料:『すべてがわかる!「発酵食品」事典』(小泉武夫・金内 誠・舘野真知子監修)、『図解でよくわかる発酵のきほん』(舘博監修)

『発酵食品を徹底解説!』▶一覧はこちら



前橋健二(まえはし・けんじ)先生
1969年生まれ。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授。1994年東京農業大学農学研究科醸造学専攻修士課程修了、1999年博士号取得(農芸化学)。味や香りなど発酵調味料の特性をさまざまな科学的なアプローチにより研究している。著書に『旨みを醸し出す麹のふしぎな料理力』(共著、東京農業大学出版会)など。テレビや雑誌でも活躍中。

出典:毎日が発見ネット

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //