動物性乳酸菌の発酵食品なら「プロバイオティクス」がおすすめ

#美容・健康 
さまざまな種類の乳酸機がヨーグルトに使われています


便秘気味だから、体に良いからと、毎朝ヨーグルトを食べることを習慣にしている人も多いのではないでしょうか。ヨーグルトはもちろん、乳酸菌を使った発酵食品。最近は使われている乳酸菌の種類により機能性をうたった商品が続々登場し、スーパーマーケットに行くとたくさんのヨーグルトが並んでいます。

東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授の前橋健二先生に、ヨーグルトの乳酸菌の特徴について伺いました。


この記事に共感したら

Information


※参考資料:『すべてがわかる!「発酵食品」事典』(小泉武夫・金内 誠・舘野真知子監修)、『図解でよくわかる発酵のきほん』(舘博監修)

『発酵食品を徹底解説!』▶一覧はこちら



前橋健二(まえはし・けんじ)先生
1969年生まれ。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授。1994年東京農業大学農学研究科醸造学専攻修士課程修了、1999年博士号取得(農芸化学)。味や香りなど発酵調味料の特性をさまざまな科学的なアプローチにより研究している。著書に『旨みを醸し出す麹のふしぎな料理力』(共著、東京農業大学出版会)など。テレビや雑誌でも活躍中。

出典:毎日が発見ネット

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ メルマガ登録で毎週プレゼント情報が届く //