本当にあった怖い話 日々白目むいてます(10)

#育児・子育て 

「うなずきすぎて首がもげそう!」と共感の声続出!
臨床心理士として精神科に勤めながら年子の娘を育てる母の、基本的に白目むいた日々。
思いもよらぬ行動に出る姉妹と夫に驚き、戸惑い、脱力する日々をユーモアたっぷりに綴り、instagramで話題沸騰の「白目カルタ」が一冊にまとまりました。
『脱力系育児マンガ 日々白目むいてます』(SBクリエイティブ)から、レタスクラブニュースのために書き下ろされたエピソードも加えて全10回でお届け。今回はその第10回です。

ぼっちなのにPTA会員が当たる


もうこれ、ホンマに何かの罰ゲームかと思った。
誰の連絡先も知らんからどうしよう?ってなったけど、その場で何とか連絡先はゲットできて……。
「友だち作りのきっかけになったんやったらええやん」って思うでしょ?
できなかったんですよ。
(本当にあった怖い話)

☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆・☆

PTA役員。
園や学校と連絡を取り合い、決定したことを保護者にお知らせする。

いわば学級委員のような。
保護者代表のような。
そんな位置付けですよね。

誰の連絡先も知らん人がなったらあかんと思いません?

くじ引きってご存知です?

平等性が謳われていて、最初っから当たりが出ることは稀だというイメージのあるアレです。

まさか一番手で当たると思いませんやんか。
誰かの策略かと思った。
割り箸の先端に赤く塗られたマーカーを噛みちぎろうかと思った。
咄嗟に先端を握りましたが先生はしっかりご覧になっていて。
「あ、あたりですねー」
と言われた時の会場の静まりっぷりをご想像いただきたい。

普通「わー」とか「きゃー」とかなりますやんか。
もう完全に心の声が聞こえてきていましたよね。

「あれ誰…?」

もう居た堪れへんかった。
「し、白目が当選しました!」と自己申告。

でもこれをきっかけにみんなの連絡先を聞いてね。
ママ友ができるんじゃないかと想像するでしょ?

それができなかったんですよ。
本当にあった怖い話です。

著=白目 みさえ/「脱力系育児マンガ 日々白目むいてます」(SBクリエイティブ)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //