母は家事も育児も放棄。12歳の私はゴミ屋敷と化した家で限界を感じ始め…/壊れた家族で生きてきた(5)

#くらし 
なかなか帰ってこない母…私は限界を感じ始めて

『壊れた家族で生きてきた』5話【全6話】


今そこにある「幸せ」が急に崩れ去ったら、あなたはどうしますか?
両親は喧嘩を繰り返して離婚。アルコール中毒となった母は、家事も育児も放棄。ゴミ屋敷と化した家で子どもだけで留守番の日々が続く中、突然母が妊娠して――。
最上うみみさんが自身の半生をつづる『壊れた家族で生きてきた』から、「母は家事も育児も放棄。12歳の私はゴミ屋敷と化した家で限界を感じ始め…」のエピソードをお送りします。
作中でつづられる最上さんの悲痛な思いを目にすると、家族で笑って過ごせる「幸せ」のありがたみを感じます。

※本作品は最上うみみ著の書籍『壊れた家族で生きてきた』から一部抜粋・編集しました

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)