いま、朝の5時ですけど? うそみたいな幼児の起こし方/日々白目むいてます(1)

#育児・子育て 
『日々白目むいてます』1回【全10回】


子育ては「まさか」の連続! 子どもに「何でこんなことしたの!?」と驚きのあまり、卒倒しそうになってしまったことは一度や二度ではないはず…。

『脱力系育児マンガ 日々白目むいてます』の著者・白目みさえさんは、臨床心理士として精神科に勤めながら年子の娘を育てる母。娘たちは、大人にとってはどうでも良いことで大喧嘩していたり、飲み物を盛大にぶちまけたり、祖母を手のひらで転がすような言動をしていたり…。予想外の行動に、驚き、戸惑い、脱力して白目をむいてしまう出来事の連続!

白目家の日常と白目さんの素直な心の声に共感し、笑い、癒されること間違いなし!「うなずきすぎて首がもげそう!」と共感の声続出! ブログ・Instagramでも大人気の白目みさえ著『脱力系育児マンガ 日々白目むいてます』から、「いま、朝の5時ですけど? うそみたいな幼児の起こし方」をお送りします。

※本作品は白目みさえ著の書籍『脱力系育児マンガ 日々白目むいてます』から一部抜粋・編集しました

うそみたいな起こし方される


思わず「マジかよ」と言いたくなるようなとんでもない時間に、とんでもない起こし方で子どもが起こしにやってきます。

[例]
「起きろー(ドスンドスン)」

「あなたはだあれ? まっくろくろすけ?」
(いや、ママやから……)

「もしもーし、大丈夫ですかぁー?」
(今に限って言えば、大丈夫ではないです)

☆゚・*.。☆゚・*.。☆゚・*.。☆゚・*.。☆゚・*.。

その日私はまだ夢の世界と現実を行き来していました。
今なお夜の気配を感じる薄暗い部屋の中で
再度夢の世界へ旅立とうとしたその瞬間…。

ひた…ひた…ひた…

と足音が聞こえてきたのです。

その小さな人影はゆっくりと私の元へ近寄り
私の顔を覗き込んでこう言いました。

「ねぇ…かくれんぼしよ?」

もう完全にホラー。
今、朝5時なんですけど。

か、かくれんぼ!?

「起きてー」「おはよー」とかやったらわかるんですけど。

子どもには嘘みたいな起こし方をされることがよくあります。

例)
・耳元で手でメガホンを作り「まっくろくろすけ出ておいでー!(大声)」
→ほんまにやめていただきたい。びっくりしすぎて反射的に殴ってしまうところだった。私まっくろくろすけちがうし。ママやし。

・「もしもーし?大丈夫ですかー?」
→某アニメの有名なセリフですね。今に限って言えば大丈夫ではないです。もう少し寝かせてはいただけないだろうか。

著=白目 みさえ/『脱力系育児マンガ 日々白目むいてます』(SBクリエイティブ)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //