大好きなご主人様に名前を呼ばれるだけで感激!/おじさまと猫(3)

#趣味 
あなたになら何と呼ばれても、それだけでうれしい

『おじさまと猫』3回【全10回】

ペットショップで「可愛い」ともてはやされる子猫たちを眺めながら「どうせ私なんて誰も欲しがらにゃい…」「ご飯もおいしくにゃい」と、あきらめモードのブチの成猫に手を差し伸べたのは、一人のダンディなおじさま。

おじさまが出してくれるご飯はとても美味しくて、同じベッドで眠ると安心できて、いつも自分の「幸せ」を願ってくれる…。

誰かに愛されたかった猫とおじさまの、心温まる日々を紡いだ物語『おじさまと猫』(スクウェア・エニックス)を10回連載でお送りします。今回は第3回です。

※本作品は桜井海著の書籍『おじさまと猫』から一部抜粋・編集しました

【画像を見る】ねこの名前

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //