嫌われたのは彼女の入りたかった会社に「見下されていた私」が内定したから/友達100人切れるかな(4)

#趣味 
瑠美の第一志望だった会社に内定をもらった…思えばあの頃からもう…

『友達100人切れるかな』4回【全8回】

学生時代からの友達、保育園や近所のママ友、趣味で知り合った友達…その「友達」は本当に「友達」でしょうか?
はたから見れば仲良しで、誘われたらランチをしたり飲みにも行くけれど、「話していると価値観の違いを感じてちょっと嫌な気分になる」「時々マウンティングや詮索されていると感じることがある」なんてことはありませんか?

宮部サチ著『友達100人切れるかな』では、さまざまなケースを例に、その友達と付き合っていくべきかを見極める術が描かれています。
友達はたくさんいれば良いわけではなく、場合によっては「友達を切る」ことで、自分自身が前向きに生きるきっかけになることを教えてくれます。
宮部サチ著『友達100人切れるかな』から、「嫌われたのは彼女の入りたかった会社に『見下されていた私』が内定したから」をお送りします。

※本作品は宮部サチ著の書籍『友達100人切れるかな』から一部抜粋・編集しました

【画像を見る】どっちが受かってもうらみっこなしだからねー

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //