余命は早くて3か月…期待と失望を繰り返す、がんで亡くなった父の闘病の記憶/32歳で初期乳がん 全然受け入れてません(5)

#美容・健康 
がんで余命宣告された父…その時は全く死についてイメージできなくて

『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』5回【全5回】


自分はまだまだ元気…そう思っていても、病気はいつ何時やってくるかわかりません。
『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』の著者・水谷緑さんは、乳がんになった芸能人のニュースを見たことをきっかけに、何気なく検査を受けてみたら、まさかの乳がんが発覚! 幸い初期の乳がんだったものの、がんと判明するまでの2度にわたる精密検査の間は気が気ではなく、乳がんとわかってからも高額な治療費や将来の妊娠・出産への影響を考えると不安でいっぱいだったといいます。

自分が病気になることはあまり考えたくはありませんが、がんと告知された著者の赤裸々な心情や治療の過程は「万が一」の時の参考になります。また健康に日常を過ごせることの大切さにも気づかされます。
水谷緑著『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』(竹書房)から、「6年前に亡くなった父もがんだった。私は『死』をイメージできなくて…」をお送りします。

※本作品は水谷 緑著の書籍『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』から一部抜粋・編集しました

【画像を見る】死がイメージできない

何か奇跡が起こって生き延びるんじゃないか?

なんて言ったらいいかわからない

病気の前よりずっと父を近くに感じた

やみくもに死について調べた

父は「生」と「死」を行ったり来たりしていた


ずっと一緒に生きてきた家族。存在していることが「当たり前」だと思っていた大切な人がいなくなるなんて。いまもすぐそこにいるのに…想像できないその気持ち、よくわかりますよね…。

著=水谷緑/『32歳で初期乳がん 全然受け入れてません』(竹書房)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //