資産を運用すればポイントが貯まる?! 銀行や証券会社を楽天にすると…/お金の不安がなくなる資産形成1年生(5)

#くらし 
楽天カードは銀行や証券会社と併用するともっとお得!?

『お金の不安がなくなる資産形成1年生』5回【全7回】


「資産形成が大事とは分かっているけど、何をしたら良いか分からない……」こんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?

貯金や投資など、資産形成にはさまざまな方法がありますが、知識をもっているかどうかで、効率が大きく変わってしまうようです。元銀行員でファイナンシャルプランナーの小林亮平さんは、「お金について困ることがないよう、その仕組みを最低限知っておく必要があります」と話します。まずはポイントやふるさと納税を活用といった、誰でも始められる方法で気軽に資産形成を始めてみませんか?
「お金は銀行に預けっぱなし…」という人も、「そもそも貯金がない!」という人も、この先の生活を見すえるきっかけになります。

小林亮平著『これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生』(KADOKAWA)から、「資産を運用すればポイントが貯まる?! 銀行や証券会社を楽天にすると…」のパートをお送りします。

※本作品は小林亮平著の書籍『これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生』から一部抜粋・編集しました

楽天銀行と楽天証券も併せて利用しよう

小林亮平さん

楽天銀行と楽天証券の活用方法も知っておこうか。
楽天銀行、楽天証券、楽天カードを併せたこれら3つのサービスを一緒に使うことで、さらに楽天ポイントが貯まりやすくなるんだよ。

ペンタごん

そんな相乗効果があるのか! それぞれのサービスを一緒に使うと、いったいどんなメリットがあるんだい?

小林亮平さん

まずは楽天銀行と楽天カードの併用から話していくね。
楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすることで、楽天銀行のお客さま優遇プログラムであるハッピープログラムにより、会員ランクに応じて最大9ポイントが毎月もらえるよ
加えて次に紹介する、楽天市場におけるSPU(スーパーポイントアッププログラム)が達成されて、楽天市場の買い物におけるポイント倍率が+1倍(+1%)になるんだ。
そのため、楽天銀行をメイン口座として利用するなら、楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にしておくのがおすすめだね。

ペンタごん

なるほど~。それだけでもらえるポイントが増えるなら、楽ちんでいいね!

小林亮平さん

次に楽天証券と楽天カードの併用について話すよ。楽天証券における楽天カードクレジット決済では、つみたてNISAなどで投資信託の積立をした際に、積立額の1%がポイント還元されるんだ。
よく聞かれるけど、楽天カードの引き落とし先が楽天銀行以外の金融機関でも問題なく1%は還元されるよ。
楽天カードクレジット決済は月5万円まで可能なので、たとえばつみたてNISA口座で月3.3万円の積立、特定口座で月1.7万円の積立をすると、毎月500ポイントがもらえるね。ただ積立額はポイント目的で増やそうとはせず、あくまで日常生活に支障をきたさない範囲で考えるようにしよう。

ペンタごん

これは本当にすごいや! 資産運用の延長でポイントが貯まっていくなんて最高だね!

小林亮平さん

最後に、楽天銀行と楽天証券の併用にも2つのメリットがあるよ。
まず楽天銀行と楽天証券を連携(マネーブリッジ)するだけで、楽天銀行の金利が年0.02%から年0.1%に上がるんだ。
仮に100万円の預金を1年間置いていたら、税引前で1,000円の利息がもらえるね。

ペンタごん

利息なんて今の時代全然もらえないと思っていたから、年0.1%の金利でもすごくありがたみを感じるなぁ!

小林亮平さん

次に楽天証券での取引に関しても、楽天銀行のハッピープログラムの対象になってポイントがもらえるようになるよ。
特に、楽天証券で保有の投資信託の残高10万円ごとに3~10ポイントもらえるのが人気で、つみたてNISA口座で投資信託の積立をしていくだけで、獲得できるポイントが自然と増えていくんだ。

ペンタごん

こうやって見ると、楽天経済圏は本当に手間がかからずポイントがもらえるんだね。
一度始めさえすれば特にやることはないから、僕みたいなグータラペンギンには助かるな~。

小林亮平さん

楽天経済圏の中でも、楽天カード・楽天銀行・楽天証券はまず揃えておくべきサービスと言えるから、さっそく利用していこう!

楽天カードは銀行や証券会社と併用するともっとお得!?


楽天カード・楽天銀行・楽天証券の相乗効果

※マネーブリッジにより、楽天証券で保有の投資信託残高10万円ごとに3~10ポイント付与。ただし一部の銘柄は対象外で、付与ポイントは、対象月の前月末時点の代行報酬手数料率に応じて決定

Point
楽天カードの引き落とし先を楽天銀行にすると、毎月最大9ポイントがもらえる上に、楽天市場におけるSPUが達成されて+1倍になる。
●楽天証券における楽天カードクレジット決済で投資信託を積立すると、積立額の1%のポイント還元がある。
●楽天銀行と楽天証券のマネーブリッジをすると、楽天銀行の金利が年0.1% に上がり、楽天証券で保有の投資信託の残高10万円ごとに3~10ポイントもらえる。

著=小林亮平/『これだけやれば大丈夫! お金の不安がなくなる資産形成1年生』(KADOKAWA)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //