憧れていた恋愛は幻想だった。すぐ「別れる」という彼の顔色をうかがう生活/扉の向こうに誰かいる。(5)(画像1/6)

#趣味 
わたしに対する彼の言動が変わってきた
わたしに対する彼の言動が変わってきた (C)ちなきち/KADOKAWA
  • わたしに対する彼の言動が変わってきた
  • こんなふうに祝われるのは
  • だから仕方ないのだと割り切るしかなかった
  • Aくんの顔色を窺って生活するようになっていった
  • 私は「確かに愛されている」と自己暗示をかけ続けていった
  • 何気ない日常から一転して始まった、恐怖の日々を描いた『扉の向こうに誰かいる。 男たちがずっと私を監視しています』

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //