「そのワンピース、私のだよね?」私の部屋から消えた服を平然と着てるママ友に聞きたい。けど…/その人って本当に、ママ友ですか?(6)

#趣味 
もしそれを聞いてしまったら

『その人って本当に、ママ友ですか?』6回【全11回】


子どもを通してできる「ママ友」は年齢も出身地域も全く違っていたりするため、子どもというきっかけがなかったら知り合うことはなかった人かもしれません。
大人になってから友達を作るのは少し難しいもの。でも育児の悩みを相談しあったり励まし合ったり…。大変な子育てをするときに心強いこともたくさんありますよね。ですが、ママ友を通して不穏なママ友トラブルに巻き込まれてしまうことも…。

息子が3歳になった時、夫の転勤で誰も知らない土地へ。イヤイヤざかりの息子と2人きりのワンオペ育児。夫は慣れない仕事でのストレスで、つらく当たられるように…。
SNSで夫や育児の悩みをつぶやいていたところ、共感コメントがつくように。
ある日、やりとりしていた2人とご近所であることが偶然判明し、会うようになります。
最初は外で会っていたものの、そのうち互いの家を行き来するように。
知り合ったマリちゃん、リカコさん。2人は知らない土地で初めてできた数少ないママ友に救われ、なんとか精神を保てていたのですが…。
しばらく経ってから気が付いたのは「家のものがなくなる」という事実。不思議に思いながらも、ある日ママ友とのランチに向かうと、そこには家からなくなったものと同じデザインのワンピースを着たママ友がいて…。

ちなきちさんが実際に経験したトラブルをもとに描いた『その人って本当に、ママ友ですか?』から、不穏なママ友トラブルの経緯を綴ったエピソードをお送りします。
子どもの話はするけれども、本人のことは「知っているようでよく知らない」ママ友。よく知らない間は、ある程度の距離感は必要なのかもしれない…人間関係の難しさについて考えさせられます。

※本記事はちなきち著の書籍『その人って本当に、ママ友ですか?』から一部抜粋・編集しました。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //