夫から「気持ち悪い」ストーカー扱いされた私/モラハラ婚 ~夫に洗脳されていた私~(4)

#趣味 
電車内で彼に声を掛けたらまさかの…

『モラハラ婚 ~夫に洗脳されていた私~』4回【全5回】


[『モラハラ婚~夫に洗脳されていた私~』の原作者・滝本たかえさんは、お付き合い当時は優しくて紳士的だった彼が、結婚を機にモラハラ三昧な夫に変わってしまったといいます。たとえ深夜でも夫を待ってから一緒に夜ごはんは食べなければいけないという暗黙のルール、自分の悪い面を話されることを嫌がり、友達と会うことも禁じられ…。無視や暴言で妻であるたかえさんを不安に陥れ、徐々に「支配」をしていったそうです。

妻を言葉巧みに「洗脳」していくモラハラ夫のリアルを描いた『モラハラ婚~夫に洗脳されていた私~』から、「夫から『気持ち悪い』ストーカー扱いされた私」を紹介します。

※本作品は原作/滝本たかえ、漫画/pokoの書籍『モラハラ婚 ~夫に洗脳されていた私~』から一部抜粋・編集しました

滝本たかえは24歳の時に結婚。
相手は当時働いていたイベント会社で私のあとに入社してきたケイジ。
つきあうことになり、幸せな日々を送っていると思っていたのですが、少しずつおかしな出来事が…。
本を読んでいる時に話しかけたことで怒って家を出て行ってしまう、たかえの出張中にたかえの家に勝手に友達や元カノを泊めたことがわかり、怒ると即座に「別れよう…」と言い出す。悪くないのにひたすら謝るたかえ。
こうしてコントロールが少しずつ始まっていくなかで、たかえはモヤモヤしつつもはっきりと気づかないまま結婚したのですが…。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //