保温モードを使ってしっとり「ローストビーフ」/炊飯器でラクラク定食(8)

#食 
ちょうど良い火入れに仕上がる「ローストビーフ」

『炊飯器でラクラク定食』8回【全12回】


ご飯とメインのおかずを同時に作れるなど「調理機能が付いている炊飯器」は使い方によっては日々のごはん作りの味方に!

書籍『炊飯器で一発定食』には、炊飯器のお釜をクッキングシートで二層に分けて、白いご飯+ハンバーグなどのおかずを同時に作る方法や、お肉の煮物のレシピ、カオマンガイや丸ごとトマトピラフなどのワンプレートご飯のレシピが満載。

5ツ星お米マイスターの澁谷梨絵著『炊飯器で一発定食』から作り方とレシピをご紹介します。

※調理機能の付いていない炊飯器は使用しないでください。
※本作品は 澁谷梨絵著の書籍『炊飯器で一発定食』から一部抜粋・編集しました

ローストビーフ

やわらかく、ちょうど良い火入れに仕上がる、
失敗なしのローストビーフ!

ちょうど良い火入れに仕上がる「ローストビーフ」


材料(作りやすい分量)

牛かたまり肉(ローストビーフ用)… 400〜500g
塩… 小さじ1
こしょう… 適量
バター… 10g
A
 ・しょうゆ… 130ml
 ・赤ワイン… 100ml
 ・砂糖… 大さじ2
 ・ローリエ… 1枚
 ・にんにくのすりおろし… 1かけ分

作り方

1.牛肉は室温にもどし、キッチンペーパーで水気をとり、塩、こしょうをすり込む。

2.フライパンにバターを熱し、1を入れて強火で全面に焼き色をつける。肉をとり出して炊飯器に入れる。フライパンの肉汁にAを加えて加熱し、ひと煮立ちしたら炊飯器に加える。

3.保温モードで13分。裏返してさらに13分保温する。食べやすく切って盛り付け、内釜に残ったたれと好みでクレソンを添える。

作り方


保温モードについて

保温

ローストビーフなど、じっくりと低温で火入れをしたい料理に。また、煮込みや角煮など、じんわり味をしみこませたいときも保温モードで放っておくと、やわらかく味がしみます。

保温モードも加熱し続けていることになるので、炊けたごはんの入れっぱなしは注意

『炊飯器で一発定食』のルール

・炊飯器のタイマー機能を使用する場合、気温や室温などの環境により、食材が傷まないようじゅうぶんに注意してください。

・使用した炊飯器は5.5合炊きです。

・計量スプーンは大さじ1=15ml、小さじ1=5ml、計量カップは1カップ200mlです。ただし、米を計るときの1カップは180mlです。

・こしょうはあらびき黒こしょう、砂糖は上白糖、塩は精製塩、しょうゆは濃い口しょうゆ、酒は日本酒、みそは好みのみそを使用しています。お使いの商品によっては塩分が異なるので、味見をしながらお好みに加減してください。

・材料にある「だし汁」はかつお節とこんぶでとったものを使用しています。顆粒の和風だしを溶かしたものや、だしパックでとったものでも大丈夫です。お好みのものをご使用ください。「固形スープ」「顆粒スープ」は特に表記のない場合、コンソメ、ブイヨンなど好みのものを使用してください。

・野菜類は特に指定がない場合、洗う、皮をむくなどの作業をすませてからの手順で説明しています。必要に応じて行ってください。

・調理機能の付いていない炊飯器は使用しないでください。

著者:澁谷梨絵さん
5ツ星お米マイスター/株式会社シブヤ代表
雑穀エキスパート/ ごはんソムリエ /薬膳インストラクター/雑穀マイスター/発酵食スペシャリストの資格を持つ。全国200カ所以上の田んぼに通い詰め、探し出したこだわりの米や雑穀を、「米処 結米屋(ゆめや)」(松屋銀座本店、東急百貨店渋谷本店・たまプラーザ店、渋谷マークシティ店、阪急百貨店大井食品館・都築阪急店)で販売しているほか、釜炊きご飯と手作り総菜弁当の「和デリ」も展開。
また、お客様の体調に合わせた雑穀の調合や、商品化も行う。
ごはんのお供にも精通。炊飯器レシピを得意とする。「あさイチ」(NHK) ・「王様のブランチ」(TBS)などTV出演多数

著=澁谷梨絵/『炊飯器で一発定食』(学研プラス)

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)

プレゼント企画

プレゼント応募

\\ 会員登録してメルマガ登録すると毎週プレゼント情報が届く //