別れ際の不意打ちチュー! 「アプリで出会いたくなかった」好青年/マッチングアプリをやってみたヤバい結果日記(3)

#趣味 
普通に好きなタイプだ

『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみたヤバい結果日記』3回【全6回】


「恋愛はしたいけど出会いがない!」そんな人たちに人気のマッチングアプリ。ここ数年で、見ず知らずの異性と出会うことのハードルがぐんと下がった気がします。

アラフォー×バツイチのチアキは4ヶ月前にマッチングアプリで色んな男性に出会いまくったものの、色々あってアプリを卒業。しかし…仕事と日々の生活をたんたんとこなす毎日の寂しさに耐えられず、出会いを求めて再びアプリをインストール! 開始1分でマッチしたのは――。

ぬぐえない寂しさ、承認欲求、ハイスペックへの憧れ、そんな等身大の思いと、色んなイケメンたちとの出会いを赤裸々に描いた『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみたヤバい結果日記』から、「別れ際の不意打ちチューにキュン! 『アプリで出会いたくなかった』と思うほど好青年な彼」のエピソードをお送りします。

マッチングアプリを使っても使わなくても、たくさんの人と会って話をすることが、自分を見つめ直したり、前に進むきっかけになるのかもしれません。

※本作品は 松本千秋著の書籍『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみたヤバい結果日記』から一部抜粋・編集しました

再びマッチングアプリを開始したものの、これといって良い出会いがなかったチアキ。20人目に出会った彼は、15歳年下の好青年で…。

この記事に共感したら

Information

おすすめ読みもの(PR)