海上自衛隊の彼はデートでも紳士的! なおさら自分が「海自オタ」とは言い出せなくて…(2)

#趣味 
こ、今度こそオタクだって言おう!

『海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。』2回【全5回】


「もし、自分の推しと結婚できたら…」なんて想像をしたことはありませんか?
海自オタ(海上自衛隊にハマッたオタク)のたいらさおりさんは、基地のイベントに出かけた際に出会った隊員と付き合い、ついには結婚することに! はじめは自分が「海自オタ」であることをひた隠し、萌えを我慢する日々。辛さに耐えきれずカミングアウトをすると一波乱が…。

デートの待ち合わせはヒトヒトサンマル、金曜日にはカレーを食べるなど、海上自衛官の彼ならではのエピソードが満載!『海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。』から、「海上自衛隊の彼はデートでも紳士的! なおさら自分が『海自オタ』とは言い出せなくて…」をお送りします。

「憧れの人」と過ごす生活には、オタクならではの喜びあり辛さもあり。しかし、そこに確かな幸せがあることが感じられます。

※本作品はたいらさおり著の書籍『海自オタがうっかり「中の人」と結婚した件。』から一部抜粋・編集しました

海上自衛隊の彼と出会って2週間が経ち、いよいよ2人はデートをすることに! 出会ったときに素人ぶったことで、始めは「海自オタ」とはバレないように振る舞うたいらさん。でも、紳士的に接してくれる彼に罪悪感を感じるようになり、オタク趣味を打ち明けようとしますが…。

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)