電車移動だけで息切れ! 難病の漫画家がいざ東京に行ってみたら/腸よ鼻よ02(8)

#趣味 
電車移動だけですごい疲れる

『腸よ鼻よ02』8話【全8話】


沖縄で漫画家を夢見ていた島袋全優さんは、ある時からトイレに行くたび便器が血まみれに…。病院に行くと、1万人に1人の難病と言われる「潰瘍性大腸炎」と診断されました。

完治が難しい病気のため、常に体調不良と隣り合わせの生活でしたが、出張編集部に持ち込んだギャグ4コマ漫画が評価され、出版社の担当編集が付き、賞金目当てで投稿した作品がまさかの入賞! 順風満帆に漫画家としての道を歩むと思いきや…?

漫画家になってからも続く闘病生活の実体験を明るく描く奇跡のギャグコミックエッセイ『腸よ鼻よ』第2弾から「電車移動だけで息切れ! 難病の漫画家がいざ東京に行ってみたら」をお送りします。

入退院を繰り返しながらも難病を明るく笑い飛ばすエピソードは、読む人に元気を与え、健康の大切さを教えてくれます!

※本作品は島袋全優著の書籍『腸よ鼻よ02』から一部抜粋・編集しました

編集部の月例賞募集に原稿を送ってみたら、見事「期待賞」を受賞した全優さん。主治医の許可を得て、東京で行われる授賞式に参加することに! しかし、見送る母は病み上がりの全優さんが心配でならない様子…。

それじゃ、いってくるね

着いたか、東京…

でか…


上京して目にする高層ビルに縮みあがってしまった全優さん。これから漫画家として、飛躍してほしいと願うばかりです!

著=島袋全優/『腸よ鼻よ02』(KADOKAWA)
(c)島袋全優/COMICSMART INC.

この記事に共感したら

おすすめ読みもの(PR)