初夏目前! 「冷やしうどん」を今年はじめて【作ってみた】
初夏にぴったりな爽やかなゆずの香りで、贅沢な気分が盛り上がる

冷やしうどん、はじめました。家の中で仕事をしているとまだひんやり感じる日のほうが多いけど、週末子どもと公園へ出かけてみれば、もう半袖で走り回っている子もたくさん! これはそろそろ、我が家の食卓に、たい麺が登場していい頃かも? 冷たい麺といえば、「ざるそば」「冷やし中華」「そうめん」「冷製パスタ」等いろいろあるけれど、私は断然ムチムチした食感のうどんが好き。超手抜きの日はうどんに納豆、わかめ、刻み海苔をトッピングして食べているけれど、「2017年・冷やしうどん事始め」となれば、もう少し特別感が欲しいところだ。とは言っても、所詮わたしはずぼら主婦。ぶっかけタイプの「具入り麺つゆ」に頼ってみよう。


キッコーマン食品の「具麺 ゆず香る肉ぶっかけ」は、茹でて冷水でしめたうどんに具入りのソースをかけるだけというから、この上なくお手軽で嬉しい。食感や風味が楽しめるという「ノンレトルト製法」もどんな味わいなのか興味津々!


うどんを茹でている間にきゅうりとトマトを切り、パッケージからソースを取り出すと、あら、予想外に少量だわー(1人前55gと書いてある)!? これを皿に盛ったうどんの上にとろりとかけてみると……、爽やかなゆずの香りがふわっと立つ! ぱっと見少量に思えた肉入りソースは予想以上にのびてからみ、香り高さと肉のコクも手伝ってうどん1玉に十分いきわたったのだった。いつもの納豆うどんと違い、ぶっかけはぶっかけでもそこはかとなく上品な冷やしうどんとなった。


同シリーズの「鴨だしつゆ」では、絶賛ダイエット中の夫用に大根サラダを作ってみた。適当にカットした大根、プチトマト、ブロッコリースプラウトに、このぶっかけ用のつゆをドレッシングとしてかけるのだ。結果はこれも、大成功。鴨だしのコクで大根をどんどん食べることができ、飽きのこない味わいなのだ。これからの季節、暑くて火を使いたくない~なんて日にも、このサラダで乗り切ってみようかな(手、抜きすぎ?)。


うどん以外の冷たい麺類にも文句なく合いそうな「具入り麺つゆ」、今年の夏は出番だらけになりそう。


文=スモモスキー


【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】